10/02/2016

ベイエリアの2016年度ミシュラン3つ星レストラン比較 2016 Michelin 3-Star Restaurants in SF Bay Area 

サンフランシスコベイエリアには、2016年度ミシュラン3つ星レストランが5つあります。 先月5つ目のレストランに行くことができ、全てをブログ記事にすることができました。 

The Restaurant at Meadowood @St Helena Napa
ザ レストラン アット メドウッド  (ナパ セントヘリーナ 或は セントヘレナ)
(記事はこちら)

The French Laundry @Yountville Napa
ザ フレンチ ランドリー (ナパ ヤントビル 或は ヨントビル)
(記事はこちら)

Saison @San Francisco
セゾン サンフランシスコ
(記事はこちら)

Benu @San Francisco
ベヌー サンフランシスコ
(記事はこちら)

Manresa @Los Gatos
マンレサ ロスガトス
(記事はこちら)

さすがは3つ星、いずれも素晴らしいレストランであることがわかりました。 と同時に、各レストランには特徴があることがわかりました。 たぶん、その特徴が好みかどうかにより、一番良かった(好きな)レストランの意見が分かれるところではないかと思います。 

5レストランのダイニング記事を振り返り、その比較をまとめてみました。 あくまでも、私個人のダイニング・エクスペリエンスを基本にしているので、一般的に正しい見解かどうかは不確かです。 ひとりの消費者の意見です。

全体的な印象

トラディショナル(伝統的)からコンテンポラリー(現代的)へ並べますと、フレンチランドリー → メドウッド → マンレサ → セゾン → ベヌー ではないかと。

フレンチランドリーは3つ星歴も長く、レストランダイニング完成度は一番高いです。 但し、比較的伝統的なスタイルを保持していて、サプライズ的演出はありません。

一方でベヌーやセゾンは、より現代的なダイニングを提供していると思いました。 サンフランシスコSOMAという再開発地区のレストランにふさわしい、より斬新なスタイルです。

レストラン雰囲気

メドウットとフレンチランドリ―はワインカントリーにあり、自然に囲まれた周辺環境が落ち着いたダイニングを盛り立てます。 

マンレサ周辺はビジネス・ディストリクトですが、比較的静かで、エントランスエリアのガーデンも良い雰囲気です。

セゾンとベヌーはサンフランシスコ市内なので、騒々しい周辺環境ですが、どちらもレストランに一歩足を踏み入れると違う世界のようです。 ベヌーのコートヤードは都会の粋な空間でした。

ダイニングルームのインテリアやデコレーションに関しては、フレンチランドリーはクラッシー、メドウッド、マンレサ、セゾンはスタイリッシュ、ベヌーはシンプルです。

フレンチランドリーのダイニングルームは狭いので、隣のテーブル音がとても気になります。 騒々しいグループの隣になった時は、雰囲気ダウンしました。

マンレサは若干隣のテーブルの音が気になりますが、フレンチランドリー程ではありません。 

メドウッド、セゾン、ベヌーは、ゆとりあるテーブルスペースで、落ち着いて静かな食事ができます。

セゾンにはキッチンとダイニングルームの仕切りがありませんが、キッチン内の音や匂いはほとんど気になりませんでした。

サービス

いずれも非の打ちどころはありません。 

但し、フレンチランドリーは他レストランよりもフォーマルです。 経験豊富なサービススタッフが多くプロフェショナリズムが高いです。 一方でベヌーやセゾンは比較的若いサービスチームですが、これ又プロフェショナリズムが高いです。

料理&ワイン

メドウッドはプレート、プレーティング、プレゼンテーション、テイスト、ペアリングワインの全体的調和に長けています。 滑らかで美しい料理フローです。

フレンチランドリーの料理完成度は非常に高く、完璧な仕上がりを目指していることが明らかです。 ペアリングワインの水準もかなり高いレベルです。

セゾンは魚料理に長けていて、食材の持ち味を充分に活かしながら、新しい調理テクニックを駆使し、洗練された仕上がりです。

マンレサの野菜料理の芸術的な美しさと繊細な味のコラボレーション、そしてペアリングビバレッジのセレクションが印象的です。

ベヌーのスモールデリカシーズ(アミューズ)はクリエイティブでアーティスティック、オリジナリティ溢れています。 日本酒やビールを含んだペアリングセレクションがユニークです。

5レストラン全ての料理はカリナリー・アート傑作なのですが、個人的な好みで、フレンチランドリーの料理は少々ヘビー、ベヌーの料理はエキゾチックすぎるような気がします。

ヴァリュー(価値)

料金に関しては、レストランのテイスティングコース、ワインおよびその他ドリンク、サービス料、アップグレードの有無等があるので、一律に比較することは難しいです。 控えめに見積もって、2名のディナーで最低$1,000(10万円)はかかります。 

1回のディナー料金としては高額ではありますが、3時間のダイニング・エクスペリエンス、カリナリーアートを愉しむと考えると、その価値はありです。 各レストランは最高のダイニングを提供しようと努力しています、そして、その熱意は伝わってきます。

満足度

雰囲気、サービス、料理、バリューを考慮して、私個人の満足度は、
1.メドウッド (トータルのヴァリューが一番高い)
2.セゾン (魚料理が絶品、ペアリングワインのヴァリュー感)
3.マンレサ (野菜料理が絶品、ペアリングワインのセレクション)
4.フレンチランドリー (料理完成度は高いが、アップグレード料金が高い)
5.ベヌー (アミューズは絶品、でも苦手なメイン食材が登場)

お勧め度

1.フレンチランドリー (確立したネームヴァリュー)
2.セゾン (斬新且つ洗練された魚料理)
3.メドウッド (ワインカントリーの雰囲気と調和のとれたダイニング)
4.マンレサ (芸術的な野菜料理を堪能)
5.ベヌー (韓国・中国料理好きな方にはパーフェクト)

リピートしたいレストラン

1.セゾン
2.メドウッド 
3.マンレサ
4.フレンチランドリー
5.ベヌー

追記

メドーウッドのバーにはシンプルコース、セゾンのバーにはアラカルトオプションサービスがあります。 フルテイスティングコースが多すぎる方は、ぜひ試してみると良いかもしれません。

フレンチランドリーにはベジタリアンコースがあります。 進行中のリノベーションが完成したら行って試してみたいです。 高級食材のキャビア、フォアグラ、和牛のアップグレードは要りません。

フレンチランドリーの予約は相変わらず取りにくく、忍耐力が要ります。

個人的にワインカントリーは近いので行きやすいのですが、シリコンバレーにあるマンレサは遠いので行きにくいです。 近くにあったらリピートしたい順番がアップします。


もうすぐ2017年度の星付きレストランが発表されると思います。 おそらくこの5つはそのまま3つ星を保持するのではないかと。 他には? 

2つ星レストラン全部に行ってないので何とも言えませんが、Atelier Crenn アトリエ クレン(記事はこちら)は3つ星に近いような気がします。

ちなみに、私の食の好みは、こってりバターよりあっさりオリーブオイル、お肉よりもお魚、デザートよりもアミューズが重要なので、この趣向がレストランの好みに反映しています。

星付きレストランに行くことは実に愉しいです。 でも、星がついていなくても、素敵なダイニングできるところもたくさんあるので、引き続き、星あり・星なしグルメ探索します。


0 件のコメント:

コメントを投稿