4/20/2018

Gran Eléctrica Napa NYブルックリンの人気メキシカンがナパに出店 グラン エレクトリカ ナパ

ナパバレー ナパ市内に先月オープンしたばかりのメキシコ料理店 Gran Eléctrica Napa(グラン エレクトリカ ナパ)でのディナーです。

場所はナパダウンタウンのメインストリート、以前1313というワインバー(こちら)があったところです。


グラン エレクトリカは既にニューヨーク、ブルックリンで人気のメキシコ料理店、ナパは2番目のお店です。

ホットなNYブルックリンからナパに出店してくれて、ナパ在米者としては嬉しい限りです。


そんなバックグランドのせいでしょうか、ナパ市内にたくさん存在するメキシコ料理店とは少々違ったイメージがあり、オープン前から注目されていました。

入って正面がバーカウンター


メキシカンレストランらしく、テキーラがかなり充実。

テーブルセッティング


メニュー



Margarita Eléctrica マルガリータ $12


Chinaco Blancoというテキーラを使用したお店の看板マルガリータで、イケてるドリンクです。

Salsa Guacamole & Chips サルサ ワカモレ チップス $12


わお!このソースはどちらも絶妙な味。両方共ちょっぴり辛いのが私好みでもあります。

Campechana シーフード カクテル $14


蛸、海老、帆立、貝ブロス、きゅうり、玉ねぎ、トマト、アボカド、シラントロが入った、さっぱり風味の爽やかシーフードカクテル。チップスと共にいただきます。

Quesadilla de Chorizo Con Papas チョリソーとポテトのキャサディア $10


少々辛いチョリソーソーセージの味が勝っていたので、ポテト味はあまり感じられませんでしたが、美味しいキャサディア。人参ピクルスが口直しに良し。

20/20 Margarita 人参マルガリータ $12


サーバーのおススメマルガリータで、人参味はあまり感じませんでした。悪くはないですが、先にいただいた普通のマルガリータの方が良かったかも。

Tinga de Pollo チキン タコス $9


トマトロースト、チキン、アボカド、キャベツ、ケソフレスコチーズ、シラントロが入ったタコス。

Pescado Estilo Ensenada フィッシュタコス $10


柔らかい白身魚のフライとチポトレマヨネーズ、紫キャベツが入ったフィッシュタコスはチキンタコスよりも好みで美味しかった。

Barbacoa Estilo Sinaloa バーベキュー ビーフ $18


じっくりと煮込まれた柔らかいビーフをトルティーヤ(お皿の下に隠れてます)に挟んでいただきます。ビーフのシーズニングが最高。

予約時に記念日であることを伝えていたので、デザートのサービスがありました。お気遣いありがとう。


以前のワインバーからは大分内装は変わりましたが、モダンでスタイリッシュな雰囲気は似ています。

とても感じ良いレセプションそしてサーバー、サービスはかなり良く、オープンしたばかりで気合が入っているのが伝わってきました。

早い時間の予約でしたが、次々と客が入ってきて、既に人気店って感じがします。

料理は本格的なメキシカンらしいです。個人的にはトルティーヤとチップスがもう少し薄い方が好みですが、それ以外は全く問題なし、注文したもの全て美味でした。

ナパの人気アップスケールレストランでの経験を持つシェフで、さすが料理レベルは高いと感じました。

雰囲気、サービス、料理、そして思ったよりも控えめな値段に大満足、ぜひともリピートしたい、するであろうメキシカンです。

オサレ系ではありますが、カジュアルさも兼ね備えているので、そこも人気に拍車をかけることでしょう。

現在ディナーサービスのみですが、もうすぐブランチ営業も開始するようです。明るい時間にマルガリータと本格的メキシカンもいいですね。

Gran Eléctrica
1313 Main Street
Napa, CA 94559

【フード&ワイン情報】

サンフランシスコベイエリアのレストランリスト

ナパバレーのレストランリスト

ナパバレーのワイナリーリスト

ソノマのレストランリスト

ソノマのワイナリーリスト



4/18/2018

日本滞在後半のB級ランチ ラインアップ

日本からアメリカに戻り、只今時差ボケ中です。

日本滞在前半のB級ランチ ラインアップ(こちら)に加えて、後半のラインアップです。

まずは赤飯弁当


滞在中に歌舞伎を見に行きました。このお弁当は歌舞伎座前の「木挽町辨松」という弁当屋さんで購入して、幕間にいただいたものです。

お赤飯とおかず、味付けが甘すぎの里芋以外は全部美味しかったです。特に魚の味がしっかりついていたのが良かった。赤飯の量が多い。

焼さば定食


さば定食はアメリカの和食店でも食べられますが、大根おろし、レモン、はじかみ生姜などの細かい配慮がされているので、やっぱり日本でいただくのがベター。ご飯の量が多い。

カルビ定食


住んでいるナパバレーには韓国料理店がないので、日本に帰ってきたら一度は食べたい韓国焼肉。


脂が乗った上質のカルビとタレ、とても美味しかった。ご飯の量が多い。

ヒレかつ定食


ヒレかつに加えて牡蠣フライ2つを追加注文。柔らかいヒレ肉とごまソース、プリプリ牡蠣とタルタルソース、どっちも美味しい。

キャベツおかわり自由なので、たくさんキャベツ食べました。ご飯の量が多い。


年齢のせいでしょうか、アメリカ生活しているせいでしょうか、どこに行ってもご飯の量が多いと感じます。


残すのは申し訳ないのですが、食べきれませんでした。

回転寿司「はま寿司」の握り






春の旨だし はまぐりラーメン


名前の通り、旨い出汁で、はまぐりも美味しかったけど、麺がうどんみたいでイマイチです。でも安いので不満はありません。

回転寿司のラーメンとしては「スシロー」の方が好きです。

「モスバーガー」とびきりハンバーグサンドのセット


国産肉使用に惹かれて注文しましたが、牛と豚の合挽き肉のせいか、柔らかすぎです。もっと歯ごたえが欲しい。


和風ソースもイマイチと感じるのはアメリカのハンバーガーに慣れてしまったからでしょう。ついでにポテトとオニオンリングの付け合わせもイマイチ感あり。

ハンバーガーは本場アメリカの方が断然うまい!

ファミレス「フライングガーデン」のハンバーグ


このハンバーグはわりと美味しい、大根おろしがたっぷり乗っているので、和風でさっぱり感あり。

と言っても、お肉ですからワインと一緒にいただきます。


以上、B級ランチのラインアップでした。

ランチは千円以内でも美味しいものがたくさんありますね。アメリカ、特に住んでいるサンフランシスコベイエリアよりは断然コスパ高。

3週間の里帰り中、炭水化物を過剰に摂取したせいか2キロ程体重増加しました。

しかしながら、天候にも恵まれ、久しぶりに満開の桜も眺めることができ、美味しいものをたくさん食べられたので満足です。


【フード&ワイン情報】

サンフランシスコベイエリアのレストランリスト

ナパバレーのレストランリスト

ナパバレーのワイナリーリスト

ソノマのレストランリスト

ソノマのワイナリーリスト



4/16/2018

浅草の老舗どじょう料理店「駒形どぜう」で絶品どぜう鍋

アメリカの競争激しい都市部で20年位レストラン営業が続くと老舗と呼んでいますが、日本のレベルは違います。

浅草のどじょう料理店「駒形どぜう」は1801年創業で、なんとまあ200年以上続いている店。これこそ本物老舗です。

私が子供の頃(半世紀近くも昔)はどじょうが家庭料理として登場することもありましたが、最近は家庭の食卓からはすっかり消えてしまったような。。。

子供の頃嫌いな料理のひとつでしたので、どじょう料理店へ行くことには積極的ではありませんでしたが、年老いた母の希望で初めて行ってみました。

事前情報によると、どじょう嫌いだったけど食べてみたら意外と美味しいと思った人が多く、私もそうなるのかなと思いながら、いざ出陣。

下町浅草の「駒形どぜう本店」


ここでは「どじょう」ではなく「どぜう」

江戸建築の建物



中に入ると、1階の座敷ダイニングルームに神棚がありました。いい感じ


座敷席は風情がありますが、高齢者には少々辛いので、テーブル席をお願いしたところ、地下のダイニングルームへ案内されました。


メニュー



まずはビールで乾杯 750円


おつまみ

鯉のあらい 980円


実はこれも子供の頃から嫌いなのですが、ひとつ試してみたところ、意外と食べやすかったです。でも、ひとつで充分。

味噌田楽 550円


こんにゃくと豆腐ですが、味噌タレにパンチがなく退屈な味。値段が高いので、ちょっと残念。

浅草名物 どぜう鍋 1,800円


鉄なべに並んでいるどぜうは既に調理済みですので、卓上のヒバチで温めるだけ。


用意されたねぎをたっぷり乗せ、七味と山椒を好みで加えていただきます。


わお!びっくりです。全く土臭みがなくて、形は残っているけど柔らかく仕上がっていて、実に食べやすい。割り下の醤油甘さ加減が絶妙、プロの技。

あまりの美味しさに3名で4人前も注文してしまいました。でも、1人前は鍋にひと並びだけなので、量は少ないです。



どぜうの飲み物ペアリングは日本酒熱燗 ふり袖 700円


熱いどぜうと熱燗の相性良し、ペアリングは成功。

ここで、ささがきごぼうを注文すると、生の状態で登場しました。450円


自分たちで鉄なべにごぼうを入れて、割り下を注いで調理します。


どぜう&ごぼうはラブラブコンビ

なので、柳川なべも1人前注文 1,950円


これも美味しい。どぜうってこんなに美味しかった?という感じ。

締めはあっさり梅茶漬け 700円


お新香盛り合わせ 600円


これにて終了。

江戸下町情緒たっぷり、良い雰囲気のお店です。

人気店なので夕食時間早め5時頃に入店しましたが、あっという間にほぼ満席になっていました。予約は4名からです。

サーバーは若い方からご年配の方まで人数は多く、皆感じ良くテキパキと動いていました。

ひとりサーバーの女性、絶妙なタイミングで追加の料理や飲み物注文を確認、気配り上手経験豊富なサービスのプロでした。

料理は田楽以外は絶品です。この老舗の味に対しての値段は妥当であると思います。

しかしながら、昔のイメージである下町の郷土料理、庶民のどぜう料理と考えると少々高いです。時を経て、どぜうは高級料理になってしまった。

と言っても、ドレスアップの必要はなく、カジュアルな雰囲気で鍋を囲んでアットホームな食事、高級なイメージでもありません。

全て満足の店で、機会があったら是非ともリピートしたいです。次回はどぜう蒲焼、骨せんべい、どぜう汁などを味わってみたいです。

料理やサービスにキャラクターがないレストラン(こちら)は多いですが、この店は雰囲気、サービス、料理全てにキャラクターあり。

日米関係なく、こういう店こそが長年愛されるのでしょうね。


【フード&ワイン情報】

サンフランシスコベイエリアのレストランリスト

ナパバレーのレストランリスト

ナパバレーのワイナリーリスト

ソノマのレストランリスト

ソノマのワイナリーリスト