9/19/2017

Phillyグルメ④Hoagieホギーと呼ばれるサンドイッチ

フィラデルフィアの人たちのソウルフードはチーズステーキだけではありません。他にも幾つかあるのですが、その中のひとつがHoagie(ホギー)です。

ホギーとは簡単に言うとサンドイッチのこと。チーズステーキはサンドイッチなので、実はホギーのひとつです。

私はどちらかと言うと、チーズステーキよりもイタリアンホギーと呼ばれるホギーが好きなので、今回の旅でも一度は食べようと思っていました。

イタリアンホギーとはイタリアのハムやサラミと、レタス、トマト、オニオン、ペッパー等の好みの野菜をイタリアンロールパンに挟んだサンドイッチです。

ファーストフードチェーンのサブウエイみたいなものですが、イタリアンのロールパンと中身のコールドカット(ハムとかサラミ)が実に美味しいのです。

フィラデルフィア界隈でチェーン展開しているLee's Hoagie House(リーズ ホギー ハウス)、Abintonという郊外の店に立ち寄りました。


中に入ると、壁には可愛いホギーちゃんが並んでいます。


メニュー確認


色々な種類あるけれど、


決まっているよ、イタリアンホギーを注文。

LEE’S ITALIAN Pepper Ham, Genoa Salami, Capocollo, Cooked Salam

9インチサイズ $8.50


9インチだから23センチくらいかな、半分にカットしてもらったけど、わりと多い量。

ペッパーハム、ジェノアサラミ、カポコッポ、クックドサラミが入ってます。


軽くオリーブオイル&ビネガー、シーズニング、オレガノがかかっていて、イタリアンって感じ。

久しぶりに食べると、思った以上に美味しい。やっぱり、パンとハムサラミの組み合わせが素晴らしいです。

野菜がたっぷり入っているので、ヘルシー感があるのもプラス。大満足。


サイドにフレンチフライ(チーズ付き)を頼んでしまいました。この黄色いチーズがチーズステーキによく使われるチーズウイズです。


フレンチフライはまあ普通。たまには、ジャンクなチーズをつけるのもいいよね。

美味しいB級グルメでした。

それにしても乾燥したカリフォルニアに慣れた体には、東の湿気はちょっとキツイ。

住んでいた時はあまり気がつかなかったので、慣れてしまっていたのかも。何でも慣れなのかも。。。

まだ続きます、フィリーグルメ。

Lee's Hoagie House
1656 Old York Road
Abington , PA 19001

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)
ソノマのレストランリストは(こちら)
ソノマのワイナリーリストは(こちら)
ナパバレーのレストランリストは(こちら)
ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)



9/17/2017

Phillyグルメ③ディーン&デルーカよりも好きDi Bruno Bros.(ディ ブルーノ ブラザーズ)

旅行中、毎食レストランに行くのはお金もかかりますが、体にも良くない。そんな時はスーパーやマーケットのお惣菜とかで簡単に食事するのもありですね。

フィラデルフィアで有名なマーケットと言えば、Reading Terminal Market(レディング ターミナル マーケット)です。

フーディ必見のグルメマーケットなのですが、このマーケットはかなり広いので、歩く距離を極力少なくしようとしている私には不向きです。

これとは別に、もっとこじんまりとしたグルメマーケットDi Bruno Bros.(ディ ブルーノ ブラザーズ)があります。

市内と郊外に数店舗ありますが、私は市内Rittenhouse Square(リッテンハウス スクエア)という公園近くの店舗が大好きで、よく通っていました。

日本でも人気のグルメショップ、ディーン&デルーカに似たような感じなのですが、私はディブルーノ ブラザーズの方が好きです。

なぜなら、チェーン展開しているショップ&レストランよりも地元密着のショップ&レストランを応援したいからです。たまに例外もありますが・・・

では、どんな店なのでしょか。


入口は2か所


Chestnut Streetに面した入口前にはテーブル席が並んでいて、外で食事もできます。

野菜と果物コーナー


ここで、ディナーセットを作ってくれます。


サンドイッチ・ステーション


ここのピクルスは(これまでのところ)アメリカで一番美味しいと思ってます。あまり漬かっていない緑色のフレッシュピクルスがぬか漬けみたいな感じで良いのです。


これに匹敵するのは市内にあるジューイッシュ・デリのピクルス。残念ながら、西海岸では東海岸ほど美味しいピクルスには未だ出会ってない。。。

パック詰めされたハムから、


(コールドカットと呼ばれる)カットしてくれるハムもたくさんあり、


デリ(お惣菜)


お肉の質も高い、値段も高い、、、


写真ないけど魚類も充実


オリーブの種類も豊富



チーズコーナーはかなり充実


おにいさんが色々と教えてくれます。



パンの種類もたくさん


パントリーアイテム


スイーツもあり、


こんなものまで、


レジで精算した後、


2階で食事もできます。


こんな感じで、お洒落なグルメショップ。店内はすごく広いわけでないので、たくさん歩かなくてよいのがグッド。

この店のすごく良いのは、どんどん試食させてくれることです。ハムやチーズなんか、これもあれも試食してから購入できるのが嬉しいです。

ディーン&デルーカもそうだけど、アメリカでは結構試食させてくれる店多い。嬉しいよね~~

イタリア系のショップなので、チーズ&シャルキュトリ、サンドイッチ類はグッド、お寿司も販売していたりするけど、これはどうかな?

観光やビジネス客が宿泊するホテルが近くにたくさんあるので、ここで購入してホテルで食べるのも悪くないです。

でも、フィリーってあまり日本人観光客来ないような。。。ニューヨークやニュージャージーに住んでいる人がたまに日帰りや1泊で来るくらいかな。

歴史的建造物や美術館は一見の価値あり。アメリカンキッズに混じって、アメリカ独立宣言のリバティ・ベルを見ませんか?


Di Bruno Bros.
1730 Chestnut St
Philadelphia, PA 19103
https://dibruno.com/

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)
ソノマのレストランリストは(こちら)
ソノマのワイナリーリストは(こちら)
ナパバレーのレストランリストは(こちら)
ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)



9/16/2017

Phillyグルメ②西海岸では見ないスチーマークラム@Oyster House(オイスター ハウス)

今回フィラデルフィアで絶対行きたいと思っていたレストランはシーフードレストラン&オイスターバー Oyster House(オイスター ハウス)という店です。

サンフランシスコベイエリアで、わりとどこでも食べられるオイスター、どうして行く必要があるのか、、、それがあるのです。

まず西と東海岸では、そのオイスターのセレクションが違います。西海岸では西海岸産のオイスターを多く見かけます。一方で、東海岸では東海岸産を多く見かけます。

地産地消ではありませんが、できるだけ産地に近いところで新鮮なものを食したいものです。

そして、もうひとつの理由は東海岸で存在するスチーマー貝が、西海岸のレストランではほとんど見かけないのです。

この貝を、どうしても食べたいと思っていたので、いざオイスターバーへ出陣。

センターシティのレストラン外観


フィラデルフィアのお気に入りレストランのひとつです。これまで、一番利用したレストランかも。

オイスターバーらしく、入ってすぐにバーカウンター


奥に広いフロアプラン


ダイニングルーム


壁にはオイスター皿


テーブルセッティング


テーブル上にはオイスタークラッカーとホースラディッシュが既に用意されてます。


毎日変わるメニュー


ローバーメニュー


シーフード三昧ですので、ワインはホワイトを選びます。

White Bordeaux, Chateau des Matards 2015 Blaye, France $53


New England Clam Chowder $8


クリーミーだけど、ヘビーではない絶妙なクラムチャウダー。

Oysters 東海岸産の生牡蠣を3種類選びました。


Navy Point Long Island Sound $12


Wellfleet Wellfleet Harbour, Cape Cod $14


Little Shemogue New Brunswick, Canada $12


以前と一緒でシャッカーのレベル高し、スルスルとお口に入ってしまいます。あっという間に食べてしまうオイスター。

いずれも美味で甲乙つけがたい、好みとしてはNYロングアイランド産が一番かな、次はMAケープコッド産。

いよいよ、お待ちかねの貝が登場。

Steamers スチーマーズ $16


一見グロい見栄えの貝、通称スチーマーズと呼ばれているソフトシェルクラムです。

食べ方は


黒い部分を外して、


中身をブロスで濯いで


溶かしバターをつけて


いただきます。この貝、とても美味しい~~のですよ。

その昔、メイン州で食べ方を教えてもらって以来、大好きなスチーマークラム。特にメイン州の海岸で食べたスチーマーは最高でした。

アメリカだからバターにつけるけど、ポン酢とか酢味噌などの和風ソースでもいいかも。

このスチーマー貝を西海岸で探しているのだけど、どこに行ってもないのです。

日本のあさりの酒蒸しのように、普通にワインで蒸したクラムは食べられるのだけど、この種類の貝がないのだわ。。。

嬉しい~~です。これにて、またひとつ目的達成!

でも、これだけではない、もう1品食べたかったものがあります。

Lobster Roll ロブスターロール $27


ニューイングランドスタイルのロブスターロール。ロールに収まらないくらいのプリプリのロブスター、うれしさ倍増。

メイン産のロブスターは最高!もちろんメイン州で食べるのが最高なのだけど、遠い西海岸や日本でいただくよりも、東海岸でいただいた方がベター。

サイドディッシュ

Sauteed Swiss Chard スイスチャードのソテー $7


このサイドも侮れないのだわ、誰が調理しているのか、絶妙な炒め方なのです。ガーリック風味とシーズニングもパーフェクト。

デザートメニュー


もう食べ過ぎたので、デザートはパス。

オイスターバーなので、わりと騒々しく、静かに食事したい人向けではないですが、シーフードレストランらしい潮の香りする店です。

サービスはテキパキ、料理はテンポよく次々と運ばれてきます。テーブルは狭いけど、スタッフは気が利いて、すぐ片づけてくれます。

料理はいずれも高レベル。ベイエリアのシーフードレストランと比べても、この店のレベルは高いと再確認しました。

値段はベイエリアのオイスターバーと同じくらいかな。

大満足、いつ来ても美味しいシーフードレストラン オイスターハウス、次回はいつになるかわからないけれど、又来るよ~。

フィリーグルメ続きます。

Oyster House
1516 Sansom Street
Philadelphia, PA 19102

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)
ソノマのレストランリストは(こちら)
ソノマのワイナリーリストは(こちら)
ナパバレーのレストランリストは(こちら)
ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)