12/31/2015

ナパバレーの2015年度ミシュラン星付きレストラン 2015 Michelin-Starred Restaurants in Napa Valley 


先般、ミシュランガイド2016の発表があり、サンフランシスコベイエリアで、3つ星レストランがひとつ増え、5つになったというニュースがありました。 美食の国、日本では、このミシュランガイドはもっと話題になっているようで、色々な意見が飛び交っているようですね。


私個人の意見としては、ミシュランガイドが絶対的な評価ではないと思います。 但し、レストラン情報ガイドのひとつとしては、とても役に立っています。 特に、知らない土地で食事をする場合は、ミシュランだけでなく、それ以外のレストランレビューも含めて、とても助かります。

レストランシェフやレストラン関係者は、別の見方があると思いますが、ひとりの消費者としては、情報源のひとつとして利用するだけです。 情報に翻弄されず賢く利用すれば、よろしいのではないかと思うのです。

私自身、ナパバレーに住み始めた時、どこが良いレストランなのかわからなかったので、ミシュランガイドも情報のひとつとして活用しました。 このガイドブックは星だけでなく、Bib Gourmand ビブグルマンと呼ばれるグッドバリューや、それ以外のレストラン紹介内容もあるので、とても役にたっています。

この度、ナパバレーにある2015年度ミシュラン星のついた7レストラン、全てを記事にすることができましたので、その比較をしてみます。

全てのレストランには、最低2回は行きました。 1度だけでは、たまたま良かった、或は、悪かったもあるので、あえて2回以上行った後の極めて個人的な感想です。


3つ星

ザ フレンチ ランドリー The French Laundry (記事はこちら)
ザ レストラン アット メドウッド The Restaurant at Meadowood (記事はこちら)

ダイニングルームの雰囲気は、Meadowoodはスタイリッシュで、French Laundryはクラッシーです。 French Laundryは元民家を改装しているので天井が低く、豪華な雰囲気よりは、こじんまりと温かみのある家庭的な雰囲気です。 でも、隣のテーブルがかなり近く、うるさい隣人がいると、ちょっと不愉快になります。

料理はどちらもコンテンポラリーというカテゴリーになっているようですが、French Laundryはフレンチに近いです。 Meadowoodはアメリカン、ヘルシー志向のカリフォルニアンです。 

プレート、プレーティング、プレゼンテーションも同様です。 French Laundryは伝統的なスタイル、Meadowoodは斬新的なスタイルです。

どちらも、アラカルトメニューはなく、テイスティングコースのみです。 アレルギーや食べられないものは、きちんと対処してくれます。

サービスはどちらも素晴らしいですが、French Laundryの方がフォーマルであると感じました。

基本料理の料金設定は、French Laundryの方が若干高いですが、選ぶワインの料金により、トータルの料金は変わってくると思います。

どちらも素晴らしいレストランであることは間違いないです。 どちらが良いというよりは、どちらが好みかということです。 特別な日には、ぜひ行ってみたいレストランです。


2つ星

残念ながら、2015年度ナパバレーには二つ星はありません。 サンフランシスコの二つ星レストランを考慮すると、匹敵するレストランはナパには存在しないのかなと思います。


1つ星

オーベルジュ ドュ ソレイユ Auberge du Soleil (記事はこちら)
ブション Bouchon (記事はこちら)
ラ トーク La Toque (記事はこちら)
ソルバー Solbar (記事はこちら)
テラ Terra (記事はこちら)

室内ダイニングルームのみはLa Toque とTerraで、どちらもフォーマルな雰囲気です。 La Toqueの方がより広く豪華、Terraは狭いけどお洒落な雰囲気で落ち着けます。 

室内ダイニングルームの他に、Aubergeは景色の良いテラスがあり、Solbarはカジュアルな雰囲気のパティオがあります。 どちらもホテル内のレストランとして、朝食・昼食・夕食をサービスしています。

AubergeとSolbarは人里離れたリゾート地で近くに何もないので、3食サービスは仕方がないのですが、やはり、ディナー・オンリーの方がよりアップスケールなレストランという印象になります。 

MeadowoodとLa Toqueもホテル内なのですが、こちらは3食サービスするレストランが別にあります。

Bouchonは室内は豪華な雰囲気ですが、ダイニングルームが狭く、隣人と接するくらいで、うるさいです。 パティオも通りに面していて狭いです。

料理はBouchonは(アメリカに存在する)典型的フレンチビストロです。 

Terraの料理はコンテンポラリーのカテゴリーで、日本人シェフなので和を感じられる食材や料理も登場します。

AubergeとSolbarはカリフォルニアンですが、Solbarの方がよりエスニックが入っています。

La Toqueはコンテンポラリーそのもの、フレンチとカリフォルニアンのミックスです。

Auberge(ディナー)、La Toque、Terraは、内容を選択できるテイスティング、プリフィックスコースです。 一方で、BouchonとSolbarは、アラカルトメニューがありますので、たくさん食べられない人には丁度良いです。

サービスはいずれもかなり良いです。 このレベルのレストランでは、スタッフもそれなりにトレーニングされているようで、サービスに問題があったことはありません。

Terraは隣にBar Terraがあって、カジュアルな料理がいただけます。 Bouchonの隣はBouchon Bakeryなので、そこで別途、デザートとコーヒーを注文することもできます。 

いずれも1つ星レストランとして、それなりの要素を兼ね備えていて、同時に料金もそれなりです。 もちろん、ワインの選択により料金はかなりアップダウンします。

5レストラン、機会があれば、もちろん再び行きたいと思いますが、正直、どうしても、ここでないといけないという程ではありません。 星がついていなくても、他にも素晴らしいレストランは存在します。 むしろ、星がついていない方が、混まなくて良かったりもします。

最後に、私はレストラン関係者ではありません。 純粋にフード&ワインを愉しむフーディです。 自分好みの、雰囲気、サービス、料理を、それなりの値段で提供してくれる、自分だけの★★★を見つけるのが趣味です。 

皆さまも、ぜひ自分だけの星探しをしてみて下さい!


12/30/2015

Himalayan Sherpa Kitchen ヒマラヤン シャーパ キッチン(ナパ セントヘリーナ)

St Helenaにある、ネパール、インド、チベット料理店、Himalayan Sherpa Kitchen(ヒマラヤン シャーパ キッチン)でのディナーです。

St Helanaには、アジア料理店はほとんど存在しません。 サンフランシスコベイエリアでは、アジア系料理の人気が益々高まっていますので、このレストランは数少ないアジア料理店として、人気があります。


レストラン外観です。


中に入りますと、やはり予想通り、エキゾチックな雰囲気です。


フルバーではありませんが、バーカウンターがあります。


メニューです。


ネパールビールのMustangです。


Vegetable Samosas


Garlic Prawn Salad


Tandoori Tikka


Alu Cauli Kerau(カリフラワーとポテトのカレー)


Nann and Basmati Rice



雰囲気とサービスはかなり良く、料理は、普通でした。 特別美味しいわけではありません。 サラダのドレッシングがアメリカ基準で、砂糖を使いすぎていると感じました。 スパイスに、パンチがないような気もしました。

Momo(ダンプリング)が食べたいと思っていたのですが、この日はないと言われました。 少しショックでした。

ワインカントリーで、アメリカン、フレンチ、イタリアンなどに飽きて、アジアの料理が食べたいと思った時は、こちらはお勧めです。 

しかしながら、ベイエリアの他エリアに比べると、特別抜きに出ているわけではありませんので、あまり期待されない方が宜しいかと思います。

Himalayan Sherpa Kitchen
1148 Main Street
St Helana, CA 94574

~ナパバレーのレストランリストは(こちら)


12/24/2015

Ramen Dining Waraku ラーメン ダイニング 和楽(サンフランシスコ)

サンフランシスコ ジャパンタウン内のラーメンダイニングWaraku(和楽)でのランチです。


11時半の開店前には、列を作っている人気ラーメン屋さんのようです。 

中に入ります。


ラーメン屋というよりは、居酒屋のような雰囲気です。 

テーブル席には、こちらが用意。


メニュー



ビール


羽根つき餃子


とんこつラーメンデラックス


とんこつラーメン


醤油ラーメン


雰囲気は悪くないです。 小奇麗な居酒屋のようなラーメン屋です。 実際、ディナータイムは居酒屋メニューに変わるようです。

サービスは雑です。 ランチ時は忙しいので仕方がないのですが、ただ単純にオーダーを取る感じでした。

料理は餃子は普通においしい仕上がりでした。 ラーメンは、好みもありますが、スープは普通で麺がお粗末、日本のスーパーで販売している生めんレベルです。

ラーメンを目的に再び来たいとは思わないですが、居酒屋ディナーはわかりませんので、機会があったら試してみたいところです。


Ramen Dining Waraku
1638 Post Street
San Francisco, CA 94115

~サンフランシスコと周辺のレストランリストは(こちら)


Izakaya Kou 居酒屋 イザカヤ コウ(サンフランシスコ)

サンフランシスコ、ジャパンタウン近くの居酒屋、Izakaya Kou(居酒屋 コウ)でのディナーです。

居酒屋と日本語ではありますが、シェフは韓国の方のようです。 ジャパンタウン界隈は、今や、コリアンタウンのような雰囲気もあります。


中に入ります。


居酒屋にしては、お洒落な造りです。 仕切りのある、掘りごたつみたいなテーブルもありました。


テーブルセッティング


メニュー


ビールピッチャー





枝豆


酢の物


たこの刺身


げそ揚げ


ハワイアンポキ(ポケ)サラダ


さばの握り


つくね


アスパラのベーコン巻き


ほたてのグラタン


いか焼き


日本酒大吟醸 だっさい



漬物


はまちのカルパッチョ


揚げ出し豆腐


キムチ


たこ焼き


カリフォルニアロール


さばとうなぎの握り


はまちかま焼き


レストランの雰囲気は、かなり良いです。 居酒屋としては、おしゃれなインテリア、心地よいスペース空間です。 ざわざわして、忙しない感じもなく、ゆったりと食事できました。 

サービスもかなり良いです。 気配りのできるスタッフが配置されていました。

問題は、料理です。 あまり特徴がなく、一品一品が丁寧に考慮された内容とは思えません。 とりあえず、数を揃えたメニュー品目。 

日本でも、このような居酒屋は存在しますので、これはアメリカにある居酒屋という訳ではないと思います。

加えて、一貫性のないプレート、いきなり大きい洋皿が出てきたかと思うと、次は、日本皿になったりしています。

料理コンセプトが確立していないような気がしました。 雰囲気もサービスも良いので、この料理内容が改善されたら、かなり人気の居酒屋になるような気がします。

ここアメリカで、居酒屋は浸透し始めたばかり、今後に期待です。


Izakaya Kou
1560 Fillmore Street
San Francisco, CA 94115

~サンフランシスコと周辺のレストランリストは(こちら)