4/17/2016

Saison San Francisco ミシュラン3つ星 セゾン(サンフランシスコ)

サンフランシスコSoMa(South of Market)地区にある、ミシュラン3つ星レストラン、Saison(セゾン)でのディナーです。 

料理はカリフォルニアン、ニューアメリカン、コンテンポラリースタイルで、若いセレブリティシェフ、Joshua Skenes氏の全米トップクラスのレストランです。

最近開発が進んでいるSoMaのTownsend Streetに面していて、レンガ造りが印象的な建物。


中に入り、コートチェックの後、バーカウンターを通り過ぎてテーブルへ。 

基本ドレスコードはありませんが、雰囲気を考慮すると、ビジネスカジュアル位が無難です。


天井がかなり高く、おそらくは元々倉庫的な建物を、お洒落にリノベーションしたのではないかと思われます。

オープンキッチン


少々お見せするではなく、完全にお見せするキッチン。目の前に座りましたので、料理プロセスやキッチンスタッフの動きが全て見えました。

よく見ると、こんなものが下がっていました。




この写真を撮っていたら、シェフがスタージェオン魚の説明をしてくれました。

テーブルセッティング


アメリカのレストランではめずらしいおしぼりサービスです。

アラカルトメニューはなく、テイスティングコースのみです。予約確認の際に、アレルギーや食べられないもの確認がありました。

ワインリストとカクテルリスト



テイスティングコース内容が不確かなので、ワイン選びは難しいところです。でも、ソムリエが丁寧に相談にのってくれます。

魚と野菜中心のメニューなので、最初白をフルボトルで、次に赤ハーフボトルでお願いしました。

テイスティングコース開始

Robert Moncuit Champagne 2007



Infusion of Some Herbs


Saison Reserve Caviar, Cured with Smoked Salt



Bread


Chopsticks


Broth of Grilled Roots


Francois Cotat 2014



Live Diamond Turbot



Battle Creek Trout, Skin & Roe


Sea Urchin, Liquid Toast


Radish, the Whole Plant


Grilled Artichoke Barigoule

White Asparagus


Lobster, Grilled over the Embers, Sauce of Yogurt & Citrus Leaves



Hirsch Vineyards Pinot Noir 2012




Barbeque Celeriac



Beef and Heartbreads


A Bouillon Made of the Grilled Bones


Ice Cream & Caramel, Cooked in the Fireplace


Fruits & Tea




ダイニングルームはモダンでスタイリッシュなインテリア、テーブル数が少なくテーブル間も少し離れていて心地良い空間です。

80年代のミュージックが流れていますが、音量が丁度良く、ダイニングの雰囲気を盛り上げます。

完全オープンキッチンですが、驚いたことに作業音が全く気になりませんでした。キッチンスタッフの動き方がスムースで、チームワークもとれていて、素晴らしいパーフォーマンスです。

サービスは完璧です。サービススタッフはフォーマルな服装なのですが、サービス自体は少しカジュアルです。料理やワインに加えて、世間話などもしながら、楽しませてくれました。

画期的なのは、料理サービスの一部をフロントのサービススタッフではなく、キッチンスタッフがします。

レストランは完全オープンキッチンであり、キッチンスタッフは裏方ではありません。サービススタッフだけでなく、キッチンスタッフも表舞台で働いています。

料理はかなり斬新、クリエイティブ、洗練されたニューアメリカン、カリフォルニアンです。

自家製キャビアの塩味が少々きついと感じましたが、それ以外はすべて薄味で、食材の良さが際立っていました。特に新鮮な野菜と魚料理は、味はもちろん、盛り付け、プレゼンテーションもお見事です。

肉料理は最後にいただいたメニューにはHeartbreadsと書かれていましたが、Sweetbreadsではないかと?ソースも含めて、かなりエキゾチックなので、好みが分かれるところでしょう。

最後の仕上げのソースをテーブルで数回行う、ユニークなプレゼンテーションスタイルでした。

コースは私には適当な量で、甘さを抑えているデザートとフルーツまで、全てを食べることができました。大食の方には足りないかもしれません。

おしぼり、お箸、和皿などが使われているので、一部和食のように考えられますが、和のアイディアが使われているだけで、実際はアメリカ料理であると思います。 

と言っても、食材及び調理方法がかなり斬新なので、保守的なアメリカ人向けではないかもしれません。

ワインリストは比較的手頃な価格から高額まで幅広く揃えてあります。ワインペアリングをお願いすることもできます。グラスワイン、カクテルなども選べます。

雰囲気、サービス、料理、全て大満足です。値段はお手頃ではありませんが、全てを考慮すると妥当で、その価値ありです。

ハイエンドレストランですので特別な日のディナーにお勧めです。誕生日や記念日のカップルがほとんどでした。

Saison
178 Townsend Street
San Francisco, CA 94107

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)



0 件のコメント:

コメントを投稿