7/10/2017

日本里帰りグルメ②銀座のモダン ブエノスアイレス料理ランチ

友人との待ち合わせは銀座で、まずはランチ。

数寄屋橋交差点角のビルの名前が「東急プラザ銀座」という名前に変っていました。里帰り中何度も経験する、ええ~~そうなのお~~知らなかった。。。

日々変わりゆく大都市のビルのレストラン街で見つけたモダン ブエノスアイレス料理店、Motta Porteno(モッタ ポルテーニョ)です。

移民都市ブエノスアイレスの料理はかなりフュージョンらしい。


ランチメニューを見ると、確かにステーキ、カツレツ、パスタなど、フュージョンぽい。


美味しいミントティー(たぶん)が登場。


On the Cloud(オンザクラウド)という名前のビール


説明通り、白ワインのようなフルーティな香りがしました。まあまあ

メニューからスペイン風粗挽きハンバーグ、アルポンディガスを選びました。アルポンディガスという知らない言葉に惹かれる。

このランチに前菜が含まれているとは知らなかった。


が、ビールのおつまみに丁度良い。お箸の用意もあったので使ってみました。なんか視覚的に変な感じです。

前菜の後はメインのアルポンディガスが登場。


前菜もメイン料理もエスニック色があまり感じられませんでした。もっとエキゾティックな料理を期待していただけに、なんか肩透かしです。

と言っても、アルゼンチンのブエノスアイレス料理なんてどんなものが知りません。しかも、モダンということは、トラディショナルではないことでしょう。うう、、、何とも言えないな。

どうもスペイン料理に近いものであろうことは推測はできるけど、どこがブエノスアイレスなのだろう、疑問。

だったら注文するな、と思われそうですが、せっかく大都会に来たので普段食することができないものなどを注文してみたいではないですか。

どっちにしても、味は悪くはなかったです。まあ、日本のハンバーグに近い感じで、しかも白ご飯とパンの選択もあり、ご飯を頼んだらまさしく日本の子供たちが大好きなハンバーグ。

日本にある各国料理って、多かれ少なかれ日本人の好みに変えてますね。客のほとんどが日本人だったら、そうすることは不可欠なのでしょうが、ちょっとつまんないな、と思ったりします。

でも、よくよく考えるとアメリカでも一緒。各国料理をアメリカ人にアピールするように変えてますね。仕方がないな。

さてさて、このランチの後は話題のビル ギンザ・シックスへ。


サンフランシスコのレストランリストは(こちら)
ソノマのレストランリストは(こちら)
ソノマのワイナリーリストは(こちら)
ナパバレーのレストランリストは(こちら)
ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)



2 件のコメント:

  1. 銀座はどうでしたか? 私は、恥ずかしながら、日本に帰国してからまだ一度も銀座に行っていません。後、この暑さで、出不精になっています。銀座シックスのレポート楽しみにしています。
    ちなみに、確か2−3年前に銀座に行った時は、やたらと中国人の観光客が多くて、大変でした。

    返信削除
    返信
    1. 銀座は相変わらず混んでいました。この暑さと人出、すごい疲れました。日本人もいますが、外国人がホント増えましたね。銀座あたりにいる外国人は観光客がほとんどです。中国人は確かに多いですが、色々な国の人たちがいて、色々な言葉が飛び交ってました。

      削除