9/22/2015

Grasing's Coastal Cuisine グレーシングズ コースタル キュイジーヌ (カーメル)

ナパから、車で南へ約3時間、西海岸のお洒落で情趣に富んだ街、Carmel-By-The-Sea(カーメル バイ ザ シー)に来ました。 カリフォルニア料理レストラン、Grasing's Coastal Cuisine(グレーシングズ コースタル キュイジーヌ)のディナーです。


事前に、このレストランのメニューを見たところ、シーフードが多く、料理内容に惹かれたので、予約しておきました。 

内装はお洒落、でも、華美ではなく、落ち着いた雰囲気です。


テーブルセッティングもいい感じで、期待がもてます。


メニュー、やはり、シーフード料理が多いです。


ジントニック


Saintsbury Pinot Noir 2010


料理はシーフードがほとんどですが、ピノノワールとも十分相性良さそうです。

Dungeness Crab Cakes


Abalone


びっくりしました。 アワビという名前がついていましたが、ほとんど、サラダでした。 中央に薄いアワビのスライスが4枚、フリッター(天ぷら)仕上げで乗っていました。

Seared Diver Scallops


大きいホタテと、付け合わせの、チーズ3種のラビオリ、ワイルドマッシュルーム、マルサラクリームソースは美味しかったです。 

Grasing's Paella


海老、あさり、ムール貝、うまく調理されていました。 しかしながら、Paellla Riceではなく、Orzo、オルゾ(パスタ)を使っていました。 

レストランの雰囲気は良く、海岸の街、カーメルにマッチした、お洒落なレストランです。

サービスも概して良かったです。

料理は、過度の期待もあったかもしれませんが、少しがっかりでした。 全般的に、大雑把な仕上がりで、味も大雑把でした。

あわびのサイズは、かなり小さく、実は、あわびに惹かれて選んだレストランだったので、落胆です。

パエリアは、メニューをよく見ていなかった私のミスですが、ライスが使われると思ってしまいました。 

もう少し洗練された料理を期待していただけに、最後のデザートはパスしました。

サンフランシスコやナパバレーと比較して、値段が必ずしも安いわけではありません。 従って、そのレベルのものを、期待してしまったのかもしれません。

しかしながら、カーメルのカリフォルニア料理レストランとしては、このレストランはそれなりの評価を得ているので、注文する料理によっては違う印象になるかもしれません。

Grasing's Coastal Cuisine
 6th Street
Carmel-By-The-Sea, CA 93923

~サンフランシスコと周辺のレストランリストは(こちら)


0 件のコメント:

コメントを投稿