9/21/2015

Charles Krug Winery チャールズ クラッグ ワイナリー(ナパ セントヘリーナ)

Highway29沿い、St Helenaにある全米でもトップレベルの料理大学CIA(Culinary Institute of America)のすぐ近くに位置しているCharles Krug Winery(チャールズクラッグワイナリー)です。


広大な敷地です。かなり暑い日で、ついつい日陰を探してしまいます。

あの赤い屋根の建物内にテイスティングルームがあるようですが、ちょっと遠いです。


 歩きます、かなり近づいてきました。


やっと到着です。


中に入りますと、中央にはゴージャスなフラワーが。


右手にはカフェ。


ソフトドリンクもありますので、お酒を飲めない方も大丈夫です。

左手にはテイスティングカウンターとテーブル及びソファー席もあります。


天井が高く広々としていて、モダンな造りです。中央のフラワーを通り過ぎると、たくさんのバレルが見えます。


テイスティングを始めます。 


基本のメニューです。 

ソーヴィニョンブラン、シャルドネ、ピノノワール、メルロー、カベルネソーヴィニョンの順番で、違いがよくわかります。初心者でもわかるように、丁寧に説明してくれます。


テイスティングカウンターの後ろには、こちらが。


全てのボトルに1861、1861、1861・・・と書かれていました。

予備知識なく、このワイナリーに来ましたが、後で調べたら、ワイナリーはナパバレー最古で、1861年にCharles Krug氏によって設立されたようです。 

そんな昔に、この地でワイン醸造を始めたなんて、驚きです。ヨーロッパの歴史に比べたら笑われそうですが、アメリカでは1861年は大変なことです。

現在は、ナパバレーワインの先駆者として有名なMondavi Familyのワイナリーです。

テイスティングの後はバックヤードへ。


ウエディングもできるようです。 


購入したワインは1861の数字が輝いているボックスに入れてもらいました。


ナパバレーの歴史において重要なワイナリーでした。

雰囲気もサービスもかなり良く、ワイン初心者にお勧めのワイナリーです。

Charles Krug Winery
2800 Main Street
St Helena, CA 94574

ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)


0 件のコメント:

コメントを投稿