8/04/2017

Scopo Divino SF 近所に欲しいワインバー スコポ ディビーノ(サンフランシスコ)

サンフランシスコのPacific HeightsとLower Pacific Heights地区の境に位置しているワインバー Scopo Divino(スコポ ディビーノ)でのハッピーアワードリンクです。

California StreetとDivisadero Streetの交差点近くのお店で、Divisadero Street(ディビザデロ ストリート)沿いにはレストランやショップが並んでいて、その端の方です。


天気の良い日は、ストリートに用意されたテーブル席を利用すると、ピープルウオッチングができます。

でも、暑さと寒さに弱い私は中へ。


入って正面がカウンター


その向かい側にはソファーやテーブルが並んでいます。

どこに座ろうかなと思い、選んだのはカウンター。

何と言っても、ワインセラーとハムやサラミ等に使うカッコいいミートスライサーが見えるのがポイント。


そして、カウンター上のライティングが、なんとワインボトルでユニーク。


では、ドリンクメニューをもらって検討


ワンパターンですが、まずは白

Dom. de la Perriere, Sauvignon Blanc, Sancerre, Loire, France, 2015 $19


フランス ロワール地方サンセールのソーヴィニョンブランでグラス1杯$19ですから、お安くない。

しかしながら、せっかくワインバーに来たからには、普段味わうことが少ないカリフォルニア産以外のワイン、特にフランスとかイタリアとかを試します。

ちなみにメニューの白グラスワイン($9-$19)の中ではこれが一番高く、全部がこの値段ではありません。

カウンター越しにサーバー(バーテンダー)がおつまみどお?とメニューを持ってきました。


とても感じ良くされたので、ついつい大好きな生牡蠣を。

Oyster(6) $13.50


生牡蠣は美しく用意されていて、少々クリーミーな味でした。どこが産地なのかは不確かです。

すっきり爽やかなソービニョンブランと生牡蠣の相性は抜群です。

たぶん、ソーヴィニョンブランが大好きで、生牡蠣が大好きなので、この相性が最高と思ってしまう個人の好みです。

このペアリングに成功すると、次なる野望が。。。

Domaine Masse, Pinot Noir, Bourgogne, Cote Chalonnaise, France, 2015 $15


同じくフランス ブルゴーニュ地方のピノノワール

メニューにはライトからフルボディまで$10-$19の範囲で、バランスよいラインアップでした。

フランスワイン、どちらも美味しい~。

ここで、又おつまみどお?と勧めらました(もう商売上手)。カウンター横に置いてあるミートスライサーが気になっていたので、シャルキュトリを注文。もちろんチーズも一緒に。

Cheese (Manchego, Taleggio) and Charcuterie (Prosciutto, Capicola) $26


チーズとシャルキュトリのセレクションから2種類ずつ選んでます。

チーズやハムだけでなく、オリーブ、ピクルス、ハニー、ナッツ、グレープとグレープソース、マスタードも含めてくれて、思ったよりも豪華なプレートで登場。

バゲット要ると聞かれたので、もちろんと答えます。

プロシュットの脂身が少ない方が好みなので嬉しい。キャピコロの方も食べやすかったです。

大好きなピノノワールと大好きなチーズ&シャルキュトリとのペアリング、こちらも成功。

バゲットのお替わりまでもらって、もうハッピーアワーのドリンクレベルを通り越して終了しました。


このワインバーは実に居心地が良いです。店内はそれ程広いわけではないですが、テーブルやソファー、カウンターの組み合わせも丁度良い。

サービスの人たちも皆すこぶる感じ良くて、楽しいおしゃべりもあり。

ワインのセレクションも豊富で、生牡蠣、チーズ&シャルキュトリという基本おつまみのレベル高、おつまみ以外の料理もあるので、試してみたい感じ。

この日は4時からライブジャズミュージックもスタート。


フード&ワインそしてミュージック、ワインカントリーの美しい景色はないけれど、なかなか宜しいセッティングです。

絶対リピートしたいワインバーで、近所にこのようなワインバーがあったら、毎週行ってしまいそう。

Scopo DiVino
2800 California St #101
San Francisco, CA 94115

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)



0 件のコメント:

コメントを投稿