11/17/2016

Kenzo Napa Restaurant 本格的懐石料理 ケンゾー ナパ レストラン

ナパバレー ナパダウンタウンにオープンしたばかりの和食レストラン Kenzo Napa Restaurant(ケンゾー ナパ レストラン)でのディナーです。

日本でも有名なナパバレーのワイナリー Kenzo Estate(ケンゾー エステート)のオーナーである辻本憲三・夏子ご夫妻による本格的懐石料理レストランです。

そして、このレストランは東京のミシュラン3つ星和食レストラン「かんだ」のオーナーシェフ神田裕行氏とのコラボということで、ナパバレーでの注目度もかなり高いです。

場所はナパダウンタウンですが、裏道のPearl Streetに面しています。以前この場所にはPearlというアメリカンレストランがあったのですが、全く違うイメージのレストランに生まれ変わりました。


日本の雰囲気が外観に漂っています。

中に入りますと、天井が印象的です。


右手はテーブル席、右奥はプライベートルーム、そして、左手がカウンター席です。


テーブルセッティング


予約確認の際に、テイスティングメニュー3種類(懐石、すし懐石、プレミアム懐石)から、ひとつを選びます。

あらかじめ、アレルギーや食べられないものを知らせておくと、きちんと対応してくれます。

すし懐石コースを選びました。ドリンクメニューからは、せっかくですので、ケンゾー エステートのワインペアリングをお願いしました。


ケンゾーワインペアリングは3種類ありますが、サーバーのアドバイスもあり、すし懐石に一番合っているものを選びました。


その前にグラスシャンペン


コース開始

3種類のきのこの白和え 松の実 胡麻

3 Types of Mushrooms tofu dressing, pine nuts, and roasted sesame


Asatsuyu Sauvignon Blanc 2015





藁でスモークしたカツオ 大豆をきかせた濃い醤油で

Straw Seared Bonito Sashimi with housemade soy sauce


Yui Rosé 2015



鰆の杉板焼き

Sawara Mackerel with an essence of Japanese Autumn


杉板をオープンしますと、


Asuka Cabernet Franc 2013



鮪ねぎま焼き

Blue Fin Tuna with grated daikon topped with scallions


ずわい蟹と帆立の進上

Snow Crab and Scallop Shinjo dashi broth with turnip, mitsuba, and shiitake mushroom



Rindo 2013



すしシェフ厳選寿司

Chef's Selection Sushis









赤だし

Red Miso Soup


デザート

Chef's Featured Desserts



Muku Sauvignon Blanc Late Harvest 2013


ダイニングルームはそれ程広くはありませんが、シンプルで上品、清潔感に溢れていて、洗練された和のハイエンドレストランという雰囲気です。

オープンしたばかりのせいでしょうか、かなり余裕のあるサービス人員配置。そのひとりひとりが、それぞれの役目をテキパキと遂行していました。トレーニングされている感じです。 

フロントのジェネラルマネジャーは日本の方でしたが、サービスのほとんどはアメリカ人だったような気がします。

キッチンは日本の方が多かったような気がします。いずれにせよ、英語と日本語を話す人がチームとしてうまく協力している感じでした。

全てのスタッフがホスピタリティマインドに溢れていて、終始気配りを忘れず、かなり心地良く食事をすることができました。

新しくオープンしたレストランにありがちな、サービスオペレーションのミスも全くありませんでした。素晴らしい和のおもてなしです。

日本の3つ星シェフの料理ということで、前もっての期待度がかなり高まっていましたが、全ての料理が期待通りでした。

コースの中で、特に美味だったのは、カツオの刺身と蟹と帆立の進上です。カツオの特徴を把握した上でベストな調理方法、本物出汁を使った進上、どちらも、思わずにっこりしてしまう味の良さです。

鰆の杉板焼きは味だけでなく、季節を感じる大変美しい盛り付け。

そして、最後のお寿司ですが、3つ星シェフが目の前で握るお寿司をいただけてラッキーです。さすが、非の打ち所がない完璧な握りでした。

いずれも厳選された新鮮な旬の食材を使い、クリエイティブ且つアーティスティックなプレート、プレーティング、そしてプレゼンテーションでした。

ワインペアリングに関しては、寿司コースには白ワインのみがペアリングされることが多いのですが、レストランのアドバイスは白、ロゼ、そして赤へと進むコースでした。

AsatsuyuとRindoワインは特に印象に残りました。そして、ボルドースタイルのRindoと寿司の相性が思ったより良かったので、グラス追加してしまいました。

雰囲気、サービス、料理、大満足です。値段はそれに見合っていると思います。レストランは来年度はミシュラン星がつくと思われますので、現在比較的控えめな値段設定の時に味わうのが良いかもです。

日本の懐石コースとしては問題はないのですが、ひとつアメリカ的要望があります。それはアミューズが欲しいです。このレベルの競合レストランでは登場しているので、あればより嬉しいです。

日本の季節を感じる懐石料理、次は春に行ってみたいです。

Kenzo Napa Restaurant
1339 Pearl Street
Napa, CA 94558

ナパバレーのレストランリストは(こちら)



0 件のコメント:

コメントを投稿