1/15/2016

Chez Panisse Restaurant カリフォルニア料理パイオニア シェパニーズ レストラン(バークレー)

カリフォルニア料理のパイオニアとも言われるAlice Waters氏の超有名レストラン、Chez Panisse Restaurant(シェパニーズ レストラン)のダイニングです。

レストランはサンフランシスコベイエリアBerkeleyのGourmet Ghetto(グルメ ゲットー)に位置しています。 

シェパニーズのエグゼクティブシェフ兼オーナー、そして、アメリカの食文化の功労者でもある彼女は、日本でも「アリスのおいしい改革」で有名なようで、ファンも多いようです。

私も1度は行ってみたいレストランでしたので、今回かなり楽しみにしておりました。予約を取るのはむずかしいですが、早めに予約すれば問題ありません。電話だけでなく、オンライン予約もできます。

予約よりもむずかしいのは駐車かもしれません。ヴァレーパーキングのサービスはなく、近くに駐車場もないので、ストリートパーキングになってしまいます。夕方は探すのが困難です。 

レストランの外観


一軒家の造りです。お年を召された方には、少々きつい階段を登ります。

ドアを開けますと、素敵なフラワーが迎えてくれます。


1階はテイスティングメニューのみのRestaurantで、2階はアラカルトメニューをサービスするCafeです。


1階のダイニングルームです。


テーブルにはこの日のメニューが用意されていました。


ワインリスト


メニュー内容を確認してから、ワインを選びます。


料理とワインのペアリング、サービスの方が親切に教えてくれます。

こちらはグラスワインのリストです。


ダイニング開始、まずはAn Aperitifから、


Amuse-Bouch


Baguette


Wild Mushroom Galette with Endive and Walnut Salad


Fiano di Avellino, Pietramara, I Favati, Italy 2013


Sea Scallop and Shrimp Ravioli in Dungeness Crab and Meyer Lemon Brodetto


BN Ranch Grass-Fed Beef Cooked Two Ways, with Black Truffle and Marrow Sauce, Roasted Vegetables, and Chino Ranch Tatsoi


Chateau Barde-Haut Saint Emilion Grand Cru 2012


ミントを使ったハーブティーのサービス


アフターディナードリンクのメニュー


Hazelnut, Stracciatella, and Cognac Ice Cream Bombe


Espresso


Cappuccino


Dried Fruit and Chocolate


食べきれなかったパンの持ち帰り。


ダイニングルームの隣のキッチンです。化粧室に行くときに、中の様子を見ることができます。


ダイニングルームからのキッチンです。


レストランの全体的な雰囲気は派手さはなく、かなり落ち着いています。客層も年配の方が多いように感じました。 

ダイニングルームに入った瞬間、心地よい香りが漂っていました。ローズマリーをお香のように焚いたらしいです。ゆったりとした心地良さの中で、ダイニングが楽しめました。

オーガニック食材を使った料理はすべて美味しいです。特に野菜はどれも野菜本来の味を楽しめます。アメリカの標準よりはかなり薄い味付けですので、食材の良さが引き立ちます。

私には少し多いくらいの量でしたが、飽きが来ない味付けなので全て食べることができました。

難点は料理温度が若干低く、特にラビオリはもう少し温かい方が良かったです。でも、これは、もしかしたら、シェフの考え方なのかもしれません。食べやすい温度ということでしょうか。

料理のプレート(皿)とプレーティング(盛り付け)は意外とシンプルで、これも、おそらくシェパニーズのスタイルではないかと思われます。

昨今のハイエンドなレストランではプレート、プレーティング、プレゼンテーションと、かなり凝っています。どこもかなり芸術的です。 

シェパニーズのシェフレベルであれば、それに競争することも可能であると思われますが、きっと独自のスタイルを貫いているのでしょう。

サービスは終始素晴らしいです。私たち客のニーズを理解して、満足させるサービス提供をしています。特別形式ばらず、少しおしゃべりもしてくれるような、快適なレベルのサービスでした。

全てを考慮して値段も妥当であると思います。フード&ワイン大好き、フーディ(Foodie) の方は一度は行った方が良いと思います。 

Alice Waters氏の料理哲学をあらかじめ学んでから行かれると、よりその実践を理解できるかもしれません。

単純に有名なレストラン、或は、予約が取りにくい人気レストランという理由だけで行きますと、満足度は下がります。ベイエリアには他にも良いレストランは、たくさんありますので、そちらへどうぞ。

Chez Panisse Restaurant
1517 Shattuck Avenue
Berkeley, CA 94709

サンフランシスコのレストランリストは(こちら)



2 件のコメント:

  1. バークレー!懐かしいです。と、言っても住んでいたわけではなく(笑)
    昔30代の頃は割と頻繁にカリフォルニアを訪れていました。
    その頃ここChez PanisseやCafe Fannyが気になるお店でした。
    確かChez Panisseは予約していなかったため入れなかった気が・・
    今のようにネットが普及していなかった時代です。
    あたりもあればはずれも多く。でもあれこれ苦労して探すのが楽しかった時代でもあります。
    地図を見なくなった今、なかなか道を覚えなくなりました・・

    返信削除
    返信
    1. 満腹プリンセスさん、
      こちらにもコメントありがとうございます。
      バークレーって、ユニークですよね。アメリカの他の都市とは違う、、、
      ネットのない時代は、今のように情報もなくて、よくわかります。
      私も、アメリカに来た当時は、ネットなくて、情報収取大変でした。
      でも、今、情報あふれていて、便利な世の中ですが、
      どうなんでしょうね。。。

      削除