1/17/2017

Frog's Leap Winery フロッグス リープ ワイナリー(ナパ ラザフォード)

ナパバレー ラザフォードにあるワイナリー Frog's Leap Winery(フロッグス リープ ワイナリー)です。

カエルが跳んでいるラベルで有名なワイナリー、日本でも流通されている人気ワインです。


印象的な赤い建物に向かい、右手の方が駐車場になっています。 

駐車場近くのガーデンからのナパバレー冬景色



この建物内でテイスティングのチェックイン


ドッグフレンドリーですが、ルールがあります。


犬連れはこの建物を通り越してパティオガーデンへ


テイスティングは全て予約制です。外のカウンターでチェックインします。


本日のワインフライト

ガーデン・テイスティングは4種類のワインが用意されています。


最初のワインは2014 Frog's Leap Chardonnay, Napa Valley


カウンターでワインを注いでもらいながら説明を聞きます。その後は、椅子に座ってのんびりと味わったり、


ワイングラスを片手に、自由にガーデン散策もできます。


最初のワインが終わったら、カウンターへ戻って2番目のワイン

2014 Frog's Leap Zinfandel, Napa Valley



みかんの木


3番目は2014 Frog's Leap Merlot, Rutherford


4番目は2014 Frog's Leap Estate Grown Cabernet Sauvignon, Rutherford


広いガーデンには野菜畑もあります。



ワイナリーの葡萄畑


ワイナリーからの風景



素朴でのんびりとした雰囲気のワイナリーです。特別に洗練されたものはありませんが、椅子やテーブルは数多く用意されていて心地良いセッティングです。

ワイナリー周辺の景色は素晴らしく、落ち着いてテイスティングできます。少々肌寒い日でしたので、ブランケットが用意されていました。さりげなく気の利いたサービスです。

最初の建物のレセプションの女性はとても感じ良く、奥のガーデンカウンターまで歩いて案内してくれました。犬連れも歓迎してくれます。

テイスティングカウンターのサービスの人たちも皆とてもフレンドリー、ワインの説明は簡潔で、余計なおしゃべりはなく、各自が自由にテイスティングを愉しむ感じでした。

正直、テイスティングしたワインは特別印象に残るほどではありませんが、いずれもそれなりのレベルで値段も控えめなので、グッドバリューです。

オーナーのワインメーキング哲学やオーガニック栽培というアピールポイントもあり、人気が高いようです。

そのためか、数種類は既に売り切れ状況でした。楽しみにしていたソーヴィニョンブランやヘリテージブレンドなどが試飲できなかったのは残念でした。でも、最後におまけしてくれた2014Frog's Leap Petite Sirah, Napa Valley(写真なし)はテイスティングした中では一番良かったです。

セールストークはないので、ゆっくりとテイスティングを楽しむだけでも全く問題ありません。

ナパバレーの人気ワイナリーのひとつ、カエルのラベルが目印です。

Frog's Leap Winery
8815 Conn Creek Road
Rutherford, CA 94573

ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)


0 件のコメント:

コメントを投稿