7/22/2017

日本里帰りグルメのまとめ

無事日本から帰ってきて時差ボケ中ですが、日本里帰りグルメをまとめておきます。

わかっていることですが、改めて日本の食文化は素晴らしいと思いました。実に奥深い!

高級レストランや料理はさておいて、美味しいものが手頃な値段で存在しているのは、やっぱり日本ならではです。

スーパーやコンビニの料理も全く侮れません。コンビニで買った冷凍食品のナポリタンを食べてみたら、普通のレストランで食べるものとそれほど変わりないです。

カップヌードルを食べてみたら、アメリカのレストランのラーメンよりも美味しいかも、です。

とにかく、1,000円以内で美味しいものが食べられることは感動です。

アメリカの食のレベルも最近はかなり上がってきていますが、日本のレベルには及びません。10ドル以下で美味しいものを見つけるのも至難の業です。

これは日本人の私の意見だけではなく、今回同行した米国で生まれ育った夫も同意見です。日本は米国とは歴史が違いまっせ、と威張ります。

と言っても、どちらかと言うとアメリカの方が美味しいと思えるものもあります。それはやっぱりアメリカ料理です。

ハンバーガー、サンドイッチ、ステーキ、BBQ、ローストターキー、キャセロール、クラムチャウダー、チリ、エッグベネディクト、マカロニチーズ等々。

結局、その地で生まれ育った料理をその地でいただくのが一番なのかな。。。

料理人の経験やローカルの食材はもちろん、気候、地質、水などの風土、その他様々な要因があるような気がします。

一般的に、日本で食べるラーメンはアメリカのラーメンより断然美味しいです。同様に、アメリカで食べるハンバーガーは日本のハンバーガーより断然美味しいです。

乾燥しているナパバレーで生ビールを飲んでもあまり感動はないのですが、蒸し暑い日本で飲む生ビールは感動ものです。ナパバレーではやっぱりワインがしっくりきます。

そういう訳で、日本滞在中はできるだけ和食をいただきます。日本で食べる和食はなんと言っても最高です。

そして、アメリカでは?

やっぱりアメリカンでしょうね。トラディショナルなアメリカンは少々ヘビーなものもありますが、ニューアメリカンは比較的軽くてヘルシー、びっくりする程美味しいものもあります。

カリフォルニアで食するカリフォルニア料理も実に美味しいです。地産地消。

これからは、そんなカリフォルニア料理、或はカリフォルニアスタイルの各国料理グルメ探求に力を入れます。

旅グルメもこれからボチボチと登場します。その土地の美味しいものを紹介したいです。


日本滞在中食べたシンプルなもりそばが激ウマでした。アメリカでも蕎麦は食べられるけど、日本の老舗で食べる蕎麦とは比較になりませんね。


グルメとは関係ないおまけの話

観光客行動していたからでしょうか、東京はどこに行っても外国人だらけでした。ここは日本ですよね、と思いました。

外国人の多いアメリカの都市で、きっとアメリカ人も同じことを思うのでしょう、ここはアメリカですよね。


サンフランシスコのレストランリストは(こちら)
ソノマのレストランリストは(こちら)
ソノマのワイナリーリストは(こちら)
ナパバレーのレストランリストは(こちら)
ナパバレーのワイナリーリストは(こちら)



2 件のコメント:

  1. アメリカで美味しかったのは、やはり、ハンバーガー、ステーキ、タコスなどなど、ありますよね。東京は外国人だらけということですが、この時期多いのかな? 私は東京に住んでいませんので、私がよくみる外国人は、中国人とかインド人で、日本に定住しているような人達です。六本気などに行けば、アメリカンやヨーロビアンもいるのでしょうかね。 これから日本も海外からの移民を受け入らないと、人口減少を止める事は難しくなるみたいです。

    返信削除
    返信
    1. 旅行者も多かったですが、住んでいる感じの人もいっぱいいました。その昔は中国人はなんとなく服装や雰囲気で判別がつきましたが、今は日本人なのか中国人なのかわかりません。話している言葉を聞くと中国人とわかるくらいです。時は流れているのですね~~
      日本はアメリカとは違って元来移民の国でない上、移民インフラが整っていないので、安易に移民受け入れをするのは危険であると思います。

      削除