7/16/2015

Carpe Diem Wine Bar カーペ ディエム ワインバー(ナパ)

ナパダウンタウンのワインバー、Carpe Diem(カーペ ディエム)でのディナーです。 ワインバーという名前がついていますが、バーだけではなく、レストランダイニングもできます。 

2014年8月のナパ地震において、損傷したビルに入っていたワインバー。 しばらくの間、営業できず、その後、Oxbow Public Marketで営業再開しました。


でも、やはり、ダウンタウンのこの場所に戻って欲しかったです。 実現しました。


ビルの全部が修復されたわけではありませんが、1階のワインバーはオープンです。


入口を入り、左手はワインバー。 右手はダイニングルームです。 バーに比べると、やはり落ち着いています。


テーブルセッティング



メニュー


Red Wine Flight(from left, Pinot Noir, Carbernet Sauvignon, Red Blend)


Ahi Tuna Tartare


味付けが日本人好みです。

Roasted Wild Mushroom Flatbread


生地がもちもちしています。 トリュフ風味がフラットブレッドを引き立たせています。

Filet Mignon Steak Skewers


柔らかいビーフフィレで、焼き加減も丁度良いです。 ペッパーコーンを使った、パンチの効いたソースがヒット。

White Wine Steamed Mussels


ムール貝の中身が、ちょっと小さいです。

Seared Scallops and Carrot and Ginger Risotto


リゾットの色は、人参からのものです。 少々濃厚ですが、おいしい一品と言えます。

デザートメニュー


Peach Cobbler


入口を入り、左手のバーは、夕方は、かなり混んでいました。 気軽にワインやビールを楽しめるワインバーという感じです。

右手のダイニングルームは、落ち着いて食事したい方向け。 好きなドリンクと共に、小皿料理を頼んで、シェアするのが良いかも。

どちらも、カジュアル。 ドレスアップの必要もなく、気軽に美味しい料理とワインを愉しめます。

サービスは再オープンして間もない状況でしたので、完璧とは言えませんが、特に問題はありませんでした。

料理は、いずれも合格点です。 リゾットは、少々濃厚でしたが、スープストックの旨みも出ていて、美味しい一品です。

いくつかの料理を頼んで、必要でしたら料理を追加するスタイルがお勧めです。

ビル自体が未だ修復中なので、雰囲気は良いとは言い難いです。 サービスも未だ慣れていない感じもあります。 でも、料理の質はそれらをカバーしていたと思います。

ビル自体の修復が整えば、もっとワインバー全体の評価は上がるものと思われます。

お友達やご家族でのおしゃべりトークには最適のワインバーです。

Carpe Diem Wine Bar
1001 2nd Street
Napa, CA 94559

~ナパバレーのレストランリストは(こちら)


0 件のコメント:

コメントを投稿